かわいいライン素材「四つ葉のクローバー」

子どもたちの成長に目を向けましょう

まずはお子さんの成長に目を向けてください。子どもの健やかな成長には、バランスのよい食事、質のよい睡眠、適度な運動が欠かせません。現代の社会には、運動不足や夜更かし、偏食やダイエットなど、子どもたちがすくすくと健やかに成長するのを妨げる要因が多く存在します。

身長は一年間にどのくらい伸びているか、体重の増減はどうかなど、ぜひお子さんの成長に関心を寄せて、成長の状態を把握してください。

立っている大家族のイラスト「親子三代」

 

 成長曲線を活用しましょう

成長曲線はからだの発育状態を記録するためのグラフです。ヨコ軸に年齢(月齢)、タテ軸に身長と体重の目盛りが入っています。これに身長と体重を記録し、グラフ化することで、子どもたちの発育状態を正確に把握することができます。

平均値の曲線(カーブ)に沿って伸びていれば心配することはありませんが、平均値の曲線と異なる曲線を描いたり、大きく外れていく場合は注意が必要です。成長を阻害している要因がある可能性もありますので、かかりつけの小児科などに相談してみることをお勧めします。その際、記録した成長曲線を持参すれば、よりスムーズに診察を受けられます。

成長曲線についての詳細は、下記の日本小児内分泌学会のホームページなどを参考にしてください。成長曲線のPDFデータもダウンロードできます。

成長曲線について詳しく解説している日本小児内分泌学会のホームページはこちら

 

かわいいライン素材「四つ葉のクローバー」